デイトレードの特長

FXなどに利用するデイトレードの特長などになりますが、デイトレードは非常に安全なトレード方法となっています。週明けの月曜など、土日の間に大変なことが起こった場合に、大きな下落をして為替が始まってしまう場合があります。

デイトレードの場合には金曜日にポジションを全て閉じてしまうので、月曜日にそういった大きなリスクを背負うことがないものとなっています。ですので、このデイトレードはリスク管理の意味でも初心者から上級者にも利用される方法になります。



f88



資産運用における税金に関して

 投資取引で得られる利益については、収益になるために課税対象となり税金を納めなくてはいけません。
もちろん、投資取引の形態によって様々ですが源泉徴収されているもの付いては、利益を受け取る段階ですでに税金の額が差し引かれているために、ことさら何をする必要もありません。

源泉徴収をされていない収益の場合には、当然税金が差し引かれていませんので、その収益を税務署に確定申告する必要があります。
毎年の1月1日から、12月31日までの収益を計算し、翌年の2月のの半ばから3月にかけて確定申告を行い、税務署に納税の金額を決定してもらう必要があり、税率などはその投資取引や収益の種別などによって差異もあるため、管轄の税務署に確認をしておく方がよいでしょう。

また、収益の金額によっては税金を納めなくてよい場合もあります。
投資取引以外で仕事をしており、そこから給与などを受けていて、その年収が2千万円以下で、投資での収益が20万円以下の場合と、給与などがなく、投資での収益がが38万円以下の場合は、税金を納めなくてよい場合があります。

また、確定申告を行う際には、投資取引を行う際に使った必要経費を申請することができ、や、収益がマイナスだった場合に翌年以降ののプラスの収益に対しての課税を控除できる3年間繰越控除制度や、複数の投資取引の収益のプラスやマイナスを合算して申告をすることができる損益通算などが適用されることがありますので、こうしたことも税務署に問い合わせて確認をしておけば、ケースによっては大幅な減税を図ることも可能になります。

株や投資信託などの投資取引において、その売買を行う場合には証券会社に専用の取引口座を開設し、そこに投資資金を預け入れて投資を行ったり、利益の配当を受けたりすることになり、多くの証券会社では、この開設する口座の種類によって、様々なサービスなどに違いがあります。

証券会社では、一般口座と特別口座とに大まかに分かれており、特定口座では証券会社が年間取引報告書などを作成してくれますが、一般口座ではそうした対応がとられず、この年間取引報告書を自ら制作しなくてはなりません。
この報告書は、確定申告の際に必要な重要書類の一つに立っているために、多くの人が一般口座ではなく、特定口座を選んでいます。

特定口座では、この年間取引報告書の作成はもちろんのこと、源泉徴収をしてくれるものと、源泉徴収をしないものの2種類を選択することができます。
源泉徴収を証券会社でしてもらうようにした場合、確定申告や支払いをする必要がなく、それをのすべてを証券会社が代行する形になります。
非常に便利で、楽ではあるのですが、利益を受け取る段階ですでに税金を惹かれている形になるために、受け取る事ができる利益が少なくなります。

源泉徴収がない場合には、もちろん確定申告を行う必要があるのですが、先の通りに減税を行う余地があったり、受け取れる利益から税金が引かれていないために、それをそのまま再投資をすることなどにより、1年分の損益通算から税金を確定させていくことができるため、効率的に資産を運用することができます。

この他にも近年注目を集めている、NISA口座を利用することができ、これにより100万円分の投資金額を上限にして、その利益を非課税にすることもで更なる節税をすることができますので、こうしたものを利用して、より効率的に資産運用をしていくべきでしょう。