デイトレードの特長

FXなどに利用するデイトレードの特長などになりますが、デイトレードは非常に安全なトレード方法となっています。週明けの月曜など、土日の間に大変なことが起こった場合に、大きな下落をして為替が始まってしまう場合があります。

デイトレードの場合には金曜日にポジションを全て閉じてしまうので、月曜日にそういった大きなリスクを背負うことがないものとなっています。ですので、このデイトレードはリスク管理の意味でも初心者から上級者にも利用される方法になります。



f88



取引のタイミングが見える3つの攻略システム

sdfsee88rd ○「ローソク足」のバイナリー攻略のポイントとは?

「ハイロー型」は、より短期での取引を行うため、ラインチャートよりもローソク足での分析が適しています。ローソク足での分析は、「ハイとローの勢力変化」を確認することが可能で、重要な判断指標となります。

まず着目するのは、取引時刻の「引き間際の動き」です。例えば、5分足ならば残り時間2分前のことを指します。

もう一つは、「レートが動き始める時間帯」に時間足のチャートを確認して、ローソク足の形成過程にも着目することです。ローソク足の仕組上、為替の動向を読み解くことは、立派な取引判断材料になり得るので、こちらも忘れず押さえておきましょう。

以上の点を踏まえた上で、具体的なハイロー型の攻略パターンを3つ紹介していきます。

狙い目はここ㈰: 連続した陽線から始まる場合

「連続した陽線の後、前の足の高値を上回った状態で取引が開始。そのまま上昇していたが、急な動き出しがあった時とほぼ同時に反転。前の足の安値を下回って終了。」

この場合は、足の高値が、当面の間天井になる確率が高いので、「ロー」を選択する予測を立てられます。

狙い目はここ㈪ :終値の範囲でのもみ合いから、レートが急上昇した場合

「終値の範囲でもみ合っていたが、動きのなかったレートが急に動き出して前後から上昇開始。前の足の高値を上回る高値で引けて終了。」

この場合は、実体の長さが前の足を大きく上回っていなければ、引き間際に「ハイ」を選択する予測を立てられます。

実体が、それまでの足より際立って長い場合は、次の足から2~3本、調整の足が出る確率が高く、反対に「ロー」を選択する予測を立てらえます。

狙い目はここ㈫: 急な動き出しで上昇後に、その後もみ合いが起きた場合

「「狙い目はここ㈰」の状態が前半で出現して、その後はもみ合いで終了。」この場合は上昇下降に目立った展開は見られず、予測は立てにくくはあるのですが、下降の場合には「ハイ」が入っていることになります。

次の足は1本様子を見て、下げ渋っているときは、次の足で「ハイ」を選択する予測を立てられます。