デイトレードの特長

FXなどに利用するデイトレードの特長などになりますが、デイトレードは非常に安全なトレード方法となっています。週明けの月曜など、土日の間に大変なことが起こった場合に、大きな下落をして為替が始まってしまう場合があります。

デイトレードの場合には金曜日にポジションを全て閉じてしまうので、月曜日にそういった大きなリスクを背負うことがないものとなっています。ですので、このデイトレードはリスク管理の意味でも初心者から上級者にも利用される方法になります。



f88



権利を売却して利益を得る場合も権利の価格も変わる

sdfse9erd オプション取引なら、米ドル/円レートが100円の時、米ドル/円を1時間後に100円で購入する権利を売買できると前に述べました。この場合、1時間後に米ドル/が100円より上がっていると予想したら、権利を買っておけば米ドル/円の上昇率にかかわらず100円で購入できますから、相当の利益が見込めます。もし、この権利のチケットを1枚600円で買ったとしましょう。

40分経過した時点で、予想が当たって米ドル/円が騰貴し100.5円をつけたとします。しかし、購入した権利を行使できるのは1時間後です。もう20分待たないと権利は有効になりません。

しかし、米ドルは現時点ですでにかなり上がっているので、20分待つ間に下がってしまう可能性もあります。オプション取引では、こういう場合に保有している権利を売りに出すことができます。

権利を買った時点では米ドル/円レートは100円で、上がるか下がるか不明瞭でした。しかし、今はすでに100.5円まで上がっていることが分かっています。権利を購入した時点より、権利の価値が高まっているのです!

こういうケースでは、オプション取引の権利の価格は上がります。米ドル/円レートが100円の時点で600円で購入した権利が、原則として600円を上回る値段で売却できるのです。

より詳細なオプション取引の仕組みは追々わかりやすく述べていく予定ですが、オプション取引の価格の詳しい算出方法は割愛します。要するに、こういった権利の売買までできてしまうのが、オプション取引の醍醐味です!

バイナリーオプションの権利売却でも儲けられる!バイナリーオプションの話に戻りましょう。オプション取引の権利売買を例に挙げて説明してきましたが、基本的な概念はバイナリーオプションでも共通します。

オプション取引の場合は、権利売買の自由度がバイナリーオプションより高くなっていますが、バイナリーオプションの場合は、購入した権利を売却するかどうかだけの選択肢しかありません。確実に負けそうだと見越した場合は、満期まで保有していても全額没収されると分かっていますので、途中で権利を売却することによって、損失をいくらか減らすことができます。つまり、購入した権利の売却も可能な業者であれば、権利売却で利益を出すことも不可能ではありません。

ここまでの話をまとめると、バイナリーオプションで儲ける方法は、

購入したチケットを満期まで保有して利益を得る

満期までに有利な方向にレートが変動した時点で権利売却して利益を得る

という2つの方法があるわけです。ただし、バイナリーオプションは初心者向けに設計されていて、権利の価格の算出法は各社それぞれブラックボックス化されています。権利を売却する場合は、そのチケットがいくらで売れるのか、その価格だけが表示されるようになっています。